矢沢永吉さんの逆境の中でも自分の信念を貫くことが必要だという魂の心と歌声が生きるために重要だと私は確信しています

Pocket

日本の音楽界で魂の音楽で夢と希望を与えてくれるスーパスターは矢沢永吉さんだと

私は確信しています

自分に合っているかどうかが才能だということだという言葉は

生きるために必要な名言だと私は確信しています

自分の生き方は自分で決めることが必要です

言い訳からは何も始まらないのです

夢があるなら自分であることが必要なのです

今生きるのがつらいと言っている人はどこかで自分の生き方を決めることができない

背景があるとおもいます

人間は逆境になれば面白いほど力になるのです

苦労したものだけが夢を見ることができるのです

リスクがあるから生きることは面白いしリターンがあるのです

本当に疲れたら自分から辞めることが必要です

理由は自分はその仕事に合っていないからです

自分に合う仕事を探すことが才能なのです

自分が生きるのだから今を走ることが必要です

勝ち組とか負け組とか最近は流行っているけどスタートを切っているかが重要です

人間というのは必ず勇気を持って行動しなけれないけない時がくるのです

不安や怖さはあるけど勇気を持ち行動しましょう

成り上がる生き方が最高だよ

誰かの情けや義理を当てにしてもいつでも不安があるのです

生きるということは失うものを増やしていくことです

年をとるということは細胞が老いることで魂が老いることではないのです

不安だから安心するために行動するのです

臆病な感情は常に不安だからどうすべきか必死に考えるのです

生きるために自分を知り探して調べて緻密に計算するのです

矢沢永吉さんの魂の心が生きるために必要だと私は確信しています

https://hidekazublogwork.com

About Author

ワードプレスはじめました
千葉県に住んでいます
東金市に住んでいます
敬愛学園高校卒業
青山学院大学卒業
努力を継続する習慣が必要だとおもいます
夢や希望をもつことが生きる意味と力だとおもいます
逆境の中でも自分の信念を貫くことが必要だとおもいます
自分を信じて行動することが必要だとおもいます
ブログを読んでいただきありがとうございます
よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。