室伏広治さんの心に響く魂の言葉とスポーツ理論が日本の教育に必要だと私は確信しています

Pocket

日本人がオリンピックのハンマー投げという競技で金メダルを獲得した

最高のひとは室伏広治さんだと思います

能力だけではなく自分で練習を考えることでメダルを獲得できたのだと思います

個人的には室伏広治さんの身体能力は日本人で最高だと思います

重要なことは目標に向かって努力をすることだと教えてくれました

どん底を恐れてはいけないのです

むしろどん底を共にすることが必要なのです

人間はどこまでできるのかを探すことが必要で自分はそこにチャレンジすることが生きる意味です

あるところを超えるとその練習では上に行けなくなるのです

結局は自分自身で考えて行動して練習するしかないのです

最近では自分が考えた練習方法しか効果がないと感じることが必要です

技を極めるということは紙を毎日重ねることです

本物である必要と瞬間やひらめきではなく積み重ねであるということです

目標が高くなれば意識も高くなるのです

周りを見ながら余裕を持って取り組むことが集中です

視野を広く持ち余裕を持つことが理想の集中です

できないことをやるのが練習です

記録を超えることに悩むよりも越えてからが勝負なのです

一人ができるようになるとみんなができるようになるのです

緊張や不安は必要で陥らないと自分を治すことがなくなるのです

弱い負荷しか体験したことがないひとは強い負荷に耐えられないのです

負に対する免疫が必要になるのです

自分にしかできないことを考えることが必要です

昔や過去を振り返るのはやめましょう

自分を感じることが必要です

室伏広治さんスポーツ理論が日本人の教育に必要だと私は確信しています

https://hidekazublogwork.com

About Author

ワードプレスはじめました
千葉県に住んでいます
東金市に住んでいます
敬愛学園高校卒業
青山学院大学卒業
努力を継続する習慣が必要だとおもいます
夢や希望をもつことが生きる意味と力だとおもいます
逆境の中でも自分の信念を貫くことが必要だとおもいます
自分を信じて行動することが必要だとおもいます
ブログを読んでいただきありがとうございます
よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。